【重要】 年末年始の営業に関するご案内

カートの中身

商品数
0 点
小計
0 円(税抜)

ログイン

新規会員登録

プラセンタ100など美容成分配合の健康食品・化粧品の美容総合通販

プラセンタの基礎知識

プラセンタとは?

プラセンタは胎盤を英語で表したもので、人をはじめ哺乳動物が妊娠した時に作られる円盤形の器官のことです。受精卵が子宮内壁に着床した時に、受精卵から子宮内壁に伸びた無数の絨毛によって、プラセンタは形成されます。プラセンタはへその緒によって胎児とつながり、胎児に栄養分を供給します。これにより、胎児が母体で成長していくことができます。

プラセンタとは?

プラセンタのパワー

プラセンタは、胎児がお母さんのお腹の中で成長するときに必要不可欠な器官で、胎児にとってのさまざまな機能を代行しています。そのためにプラセンタには、豊富な栄養素が含まれています。この豊富な栄養素が、たった1つの受精卵をわずか10ヶ月で約3kgまで育て上げるパワーを持っているのです。これほどのパワーを持った器官を人工的に作るのはほとんど不可能と言われています。

このようなパワーを持つプラセンタは古来から医療に活用されています。現代では肝機能や更年期などの治療や、美容面ではエイジングケアに用いられています。(医療用途は主にヒト由来プラセンタが使用されています。)

伝承では、紀元前のエジプトの女王クレオパトラもプラセンタを摂取して若さを保っていたと言われています。秦の始皇帝も不老長寿の妙薬として用いたと言われています。

プラセンタのパワー

プラセンタの種類

プラセンタには様々な種類が存在しています。医療用途では、ヒト由来プラセンタが使われています。またプラセンタサプリメントやドリンクは、豚や馬、羊プラセンタが使われることが多いです。

ヒト由来プラセンタ医療品のみ利用可能(プラセンタ注射など)
豚由来プラセンタサプリメント、化粧品
馬由来プラセンタ
羊由来プラセンタ
植物由来プラセンタ(胎座)
海洋性由来プラセンタ(卵巣膜)
プラセンタの種類

プラセンタの選び方

近年は、美容クリニックでプラセンタ注射が気軽に出来るようになりましたが、価格的なものや通院時間、献血ができないことなどを考えると、継続するのは大変だと思います。手軽に続けられるサプリメントやドリンクなどで、デイリーに摂取するほうが理想的です。

市販のプラセンタサプリメントなどには、原料の生産・流通・加工プロセスをデータとして保持する「トレーサビリティ制度」をうたった高品質なものもあります。固体の育った環境や血統などを追跡することができるため、安全性の裏づけのひとつとなります。

プラセンタの選び方

プラセンタの利用の歴史

プラセンタは、紀元前400年頃から使用されていた記録が残っており、非常に長い歴史を持っています。 西洋医学の父と言われる古代ギリシャの医師ヒポクラテスは、紀元前460年〜紀元前375年頃の時代に、患者の治療のためにプラセンタが使われていたことを書き記しています。

紀元前400年頃古代ギリシャで「医学の父」ヒポクラテスが胎盤を治療に用いる
紀元前3世紀(200年代)中国で傷薬として胎盤が用いられる
紀元前221年〜210年頃秦の始皇帝、不老長寿の薬に胎盤を用いる
紀元前51年〜30年頃エジプトの女王クレオパトラが胎盤を美容に用いる
907年中国(唐)の医学・医学書『本草拾遺』に「人胞」「胞衣」の名で胎盤が薬として紹介される
1596年中国(明)の医学・薬学書『本草網目』に胎盤が「紫河車」の名で記される。以後「紫河車」は代表的な漢方の一つに数えられる
1613年韓国(李朝時代)の医学・薬学書『東医宝鑑』に「紫河車」の期日が見られる
1755年〜1793年マリー・アントワネットが胎盤を美容に用いる
1700年代「紫河車」を処方した加賀(石川県)の秘薬「混元丹」が好評を博す
1933年ソ連の医師フィラートフ博士が「組織療法」に着手する
1960年頃〜1970年頃全国の国公立病院で「組織療法」が盛んになるが後に下火となる
1970年代〜化粧品等、美容面へのプラセンタの応用が盛んとなる
1988年〜健康食品等へプラセンタの応用が盛んになる

[監修] 尾崎クリニック 羽村院院長 吉田靖志 先生

[監修] オザキクリニック 羽村院 院長 吉田靖志 先生

プライマリ・ケアを中心に予防医学に従事し「クリニカルメディカ東京」開院。2015年に「オザキクリニック羽村院」院長就任。著書に「ヒミツの赤ワイン」(出版共同流通/2012年)